政 治
 
独立年月日
1965年8月9日
政   体
共 和 制
政治理念
民主社会主義
元   首
大統領: トニー・タン (2011年9月1日就任、任期6年)
行 政 府
内閣(1府14省)
首   相
リー・シェンロン
立 法 府
一院制議会
議 席 数

87(選挙区選出議員、うち女性19名)
 12単一選挙区、15集団選挙区(各選挙区により5~6名を選出)
上記に加えて、9名の立法府任命の指名議員及び9名の非選挙区選出議員
(予算案と憲法案件以外は議決権あり)

議員任期
次回国会開催日より5年(任期中の解散も可能。)
 
政   党
与党:
人民行動党(PAP)(現在81議席)
野党:
労働者党(WP)
(6議席、さらに2名の非選挙区選出議員)、
シンガポール人民党(SPP)(1議席)
(共産党は非合法)
国   防
徴兵制及び志願制により自国軍を保有する他、英・豪・NZ・マレーシアと の5カ国防衛取極等の安全保障政策により国防を全うしている。
軍 事 力
陸軍(50,000人)
海軍( 9,500人、 潜水艦1隻・哨戒艦艇・沿岸戦斗艦艇32隻)
空軍( 13,500人、戦闘機等137機)  
予算:105.8億シンガポールドル
   
<ミリタリー・バランスによる>   
外   交
非同盟中立でASEANの結束を重視
地方制度
なし
 

経済再検討委員会(ERC)の設置


2001年11月、リー・シェンロン副首相を議長とした経済再検討委員会(Economic Review Committee)が設置された。国内経済の政策の見直しを目的に10以上の小委員会が設置され、民間企業の事業コスト削減、競争力の向上、雇用確保などに向けた政策の再検討が行われた。ERCによる最終報告書は2003年2月に発表され、『New Challenges, Fresh Goals -Towards a Dynamic Global City』の題名で発行された。

政府機関の再編


□ 国家科学技術庁(NSTB) 2002年1月1日

   →科学技術研究庁(Agency for Science & Technology and Research、A*STAR)
 
□ 生産性規格庁(PSB) 2002年4月1日

   →規格・生産性・革新庁(The Standard, Productivity & Innovation Board、 SPRING Singapore)

□ 貿易開発庁(TDB) 2002年4月12日

   →International Enterprise Singapore、IE Singapore

会員ログイン